便秘解消 便秘の種類 解消法

2020/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単にできると思ったこと感じたことできた事を載せていきたいと思います。また、「簡単にできる」ためにはお金がかかることもあります、そんな中でもお金をかけずに節約できる情報なども合わせて掲載したいと思います。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。皆さんの生活が少しでも豊かに簡単なものになり、めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

便秘について「なるほど!!」と感じた話を聞いてきたので忘れないよう簡単にメモ

 

 

便秘とは、本来体外へ排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態だそうです。また、この状態(便秘)は2種類に分けられ大腸通過遅延型便秘と便排出障害があるとのことです。しかし、便秘の人がこの2種類のどちらに該当するかは、大腸通過時間検査や排便造影検査といった専門的な検査をしなければならないようです。

そこで、簡単に便秘の症状だけ見て排便回数減少型と排便困難型の2種類に分け

 

排便回数減少型・・・排便が週3 回未満、硬い便

排便困難型・・・・・便がなかなかでない、便はでるがまだ残っている気がする

といった2つの症状に分かれるようです。

 

排便回数減少型

 

こちらに該当する方は、食物繊維が不足しているようで、1日に18g以上摂取することや食物繊維18g相当のサプリなどで便秘が改善されることがあるようです。しかし、1日に18g以上摂取しても改善されない場合は、下剤の服薬が必要だそうです。

排便困難型

 

こちらに該当する方で、”便が硬い”という方は食物繊維が不足している可能性があります、上記のように摂取してみて下さい。改善されない場合は、下剤の服薬が必要だそうです。しかし、

便が残っている感じがする、残便感があると言う方は、専門施設で大腸通過時間検査・排便造影検査などの検査を受けたほうが良いそうです。

下剤・・・刺激性の物は腹痛が起こりやすい・浸透圧性の物は効くまでに時間がかかる。下剤が不可欠な方は浸透圧性の下剤を利用した方がいいようです。

 

簡単に”便秘”といっても症状や個人差によって、いくら食物繊維をとっても改善しない人や、下剤が必要無いのに服薬している人、食物繊維や下剤でもどうにもならない人がいるようです。自分に合った方法をみつけて、快適に排便できるといいと思います。

 

この記事はメモ代わりに簡単に書いたものです。病院や検査などを推奨する記事ではありません。

PR

 

PR

この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単にできると思ったこと感じたことできた事を載せていきたいと思います。また、「簡単にできる」ためにはお金がかかることもあります、そんな中でもお金をかけずに節約できる情報なども合わせて掲載したいと思います。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。皆さんの生活が少しでも豊かに簡単なものになり、めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.

.offset().top; $("html, body").animate({scrollTop:position}, speed, "swing"); return false; });