素人が今さらキックボード(scooter)タイヤを交換 代用品で安く済ませた Kick board Repair

2019/11/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単だと思ったものを載せています。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

キックボードの修理

もう20年くらい前に流行ったキックボード、当時はどこでも乗れ特に規制はなかった。しかし、数年後キックボードでの事故が目立ち乗れる場所が規制されはじめ、じきに使わなくなってしまい倉庫に眠っていっました。最近になって、知人の子が使いたいというので、昔の記憶を頼りに探してみたらそこそこの状態で見つかりました。scooterというブランドで、本体はアルミ?使われているネジにサビはあったが本体は無事。グリップはスポンジの様な素材で出来ており、表面はボロボロ。とりあえず動作確認のため乗ってみたが、なんだか動きが悪いです。ベアリングが錆びているのかと思いきや、タイヤのゴムが傷んでいてグニャグニャになっていました。タイヤは完全に壊れています。とりあえず動けばいいということと、安く済ませたいということなので、なるべく安く修理してみました。



キックボード修理方法

正式な修理ではありませんとりあえず動かせるようにしただけです。

とりあえず、タイヤがとろけて破損してしまったので・・・

安いタイヤを探す

一口にキックボードのタイヤといっても、5インチ4インチという直径サイズや、ボードのブランドや子供用?など色々な種類があるようです(汗)。着いていたタイヤは測ったら直径10cmなので4インチのようです。金額はどれも1個1000円前後し、2個買うと2000円。安いキックボードが2300円で買えるからもっと安いタイヤを探すと、「Sarada キックスクーター 交換用 タイヤ キックボード専用」というタイヤが1個478円で売っていました。

このタイヤは直径9CMとのことなので、壊れたタイヤより少し小さい。さらに中央にあるベアリングの穴(ホイールボルトを通す所)は約0.9CMと書いてあり、壊れたタイヤのベアリングの穴は測ったら0.6cmだったが、装着できなければ何か代用のホイールボルトを探せばいいと思ったのでとりあえず2個購入。安くて光るタイヤらしいです。



タイヤを装着

注文したタイヤが届いたので装着。新しいタイヤにホイールボルトを通すとやはり経が合いません。というよりキックボードに着いていたボルトは0.4cmくらいしかなく、そのまま装着してもタイヤがグラグラしてしまう。壊れたタイヤにも合っていなくて、なぜこのボルトが着いていたのか謎が残りますが、このまま装着しても上手く走行できません。ちなみに新しく届いたタイヤのベアリングの穴は0.6cmでした。新しいホイールボルトを探しましたが、864円で太さも長さも細かい記載が無いため合うか不明です(汗)。とりあず近所のホームセンターへ、一般的なボルトで代用を考えてみました。

太さ0.6cm長さ5cmのボルト(ナットとワッシャ付き)が245円で売っていたのでこれに期待してみます。早速装着

キックボードの後輪にピッタリ装着、かと思いきや新しいタイヤは装着部分より薄いため(タイヤが小さいため厚みもないのか?)タイヤの両側に付属されていたワッシャを付けてボルトの出っ張りは上記の写真くらいです。ベアリングの穴とボルトが0.6cmなのでブレたりグラグラすることなくタイヤもスムーズに回ります。

同様に前輪にも装着、厚みに問題は無かったが上記の写真でわかるように出っ張りが大きく1.3cm余ります。だがハンドルを切ってもどこかにぶつかることなく問題なし。出っ張りがもう少し長かったらハンドルを切ったときボディーに当たりそうでした。タイヤの回転も後輪と同様にスムーズで、ブレやグラつきはありません。



グリップ

スポンジ状の素材でできており、かなり古いので表面はボロボロです。芯は硬そうなのでとりあえず表面を雑巾で拭ってみました。ボロボロのカスの量が減ってきて、これ以上朽ち果てそうにないので良しとしてしまう。ラバータイプのグリップが新品で269円で売っていますが、合うかどうかは分かりません。

 

走行してみる

とりあえず走行に問題なしです。スムーズに走行でき、タイヤのサイズは小さいですが後輪のブレーキもよくかかります。またベアリングが回転することでこのタイヤは光るようで、よく光っているのでベアリングとボルトの滑りも少ないようです。ただ安いタイヤなのでベアリングの質は悪く、ベアリング自体の歪みもあり滑りも悪いです。またホイールボルトがただのボルトなので走行してるうちにナットが緩んできます。強く絞めるとタイヤが回らなくなるので手で絞めるくらいがちょうどいいです。

 

修理にかかった費用

タイヤ 478円×2=956

ボルト ボルトセット=245円

トータル 1201円



終わりに

貧乏修理でしたが、とりあず走行でき遊ぶには充分で、知人の子供は喜んでいました。安いキックボードを買うよりは安く済んだので知人も喜んでいました。かかった費用にプラス1100円出すと新しいキックボードが買えるのでお金のある方はそちらおおすすめします。修理の手間を考えると安いと思います。修理して使う時代では無いようです。

PR

PR

この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単だと思ったものを載せています。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.

.offset().top; $("html, body").animate({scrollTop:position}, speed, "swing"); return false; });