TOSHIBA(東芝)REGZA(レグザ)型番 42Z2 のリモコン(CT-90376)分解・掃除 ボタンが引っかかる

2019/08/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単だと思ったものを載せています。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

リモコンのボタンがくっついたり引っかかる

リモコンにジュースをこぼしたり、何かしらの汁が付いたり、ホコリや手垢が付きリモコンのボタンが押しづらくなったり、くっついたりしたことはありませんか?そうなると押し心地も悪いし、サビや故障の原因になることもあります。

私のリモコンはコーラをこぼしたことで、ボタンが硬くなってしまい、押すたびにパキパキ音がするようになってしまいました。そこで、リモコンを分解し掃除してみようと思います。*注意=自己責任でお願いします*
ガジェット周辺機器が充実【geekbuying】

リモコン(CT-90376)分解手順

分解には細めのマイナスドライバー1本使用します。

まず初めに、リモコンを裏返して電池を2本取り出します。

電池を取り出したら、裏返したまま上から見て、銀のフチと本体の黒い部分の隙間にマイナスドライバーを差し込みます。銀のフチに沿ってツメ(引っかかる所)が数箇所ありますので、マイナスドライバーを使い爪を引き離して下さい。

上手く引き離せるとこのように2つに分かれます。これをさらに分解しますが、もうドライバーは必要ありません。ボタン側はスムーズに分解できます。緑色の基盤側は、分解するときに赤外線発光部が引っかかる為、注意してください。

全ての分解が終わったら、洗浄しましょう。基本的には全て水洗いできます。ただし、完全に乾燥してから組立直してください、サビや故障の原因になります。

私は食器洗い用洗剤を使い、お湯で全ての部品を洗浄しました。洗浄後はすぐにリモコンを使いたかった為、ドライヤーで乾かし組立直しましたが、リモコンは故障することなく快適に使用できるようになりました。


PR

PR

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単だと思ったものを載せています。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.

.offset().top; $("html, body").animate({scrollTop:position}, speed, "swing"); return false; });