フロアジャッキが故障?自然に下がってしまう/素人でも修理できる?EM-501

2020/09/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単にできると思ったこと感じたことできた事を載せていきたいと思います。また、「簡単にできる」ためにはお金がかかることもあります、そんな中でもお金をかけずに節約できる情報なども合わせて掲載したいと思います。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。皆さんの生活が少しでも豊かに簡単なものになり、めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

フロアジャッキ(2t)EM-501

ジャッキとは、車を持ち上げタイヤ交換や修理を行う時に使う道具です。車購入時に車載されているジャッキはネジ式で、他に油圧式のジャッキもあり。こちらでは油圧式のものをフロアジャッキ(ジャッキ)と呼ばせていただきます。(購入時、商品にフロアジャッキと書いてあったため)

1年ほど前に購入したフロアジャッキですが、タイヤ交換しようと思い半年ぶりに出しましたら、ジャッキアップはするものの、上がっている状態で止まっておらず自然に下がってきてしまうようになってしまいました。

説明書を見ましたら、故障と異常の見分け方と処置方法の欄に「自然に下がってしまう場合」はエアー抜きとリリースバルブをしっかり閉めてと書いてありましたがよくわからないので製造元に確認の連絡をしてみました。

 

フロアジャッキの会社に連絡

フロアジャッキの会社に連絡すると、担当の人に代わってくれてフロアジャッキの品番を確認。自分の会社の物だと分かると、症状の確認をされ上記の症状を話すと丁寧に問題解決方法を教えてくれました。

問題解決策としては2点、エアー抜き・オイル漏れ?(オイルの減少)の可能性があるとのこと、それでも直らなければ製品自体に不備(故障?)がある可能性ありとのことでした。

またその問題点解決方法も教えていただいたので実践したいと思います。

*フロアジャッキの種類・製造元(会社)によって、修理・点検の方法が違うようです。こちらで扱っているフロアジャッキはEM-501です。

 

フロアジャッキの修理

エアー抜き

①で囲ってあるカバーを外しておきます。

 

②リリースバルブを反時計回しに2回転させます。

 

③オイルプラグを外します。(オイルタンクと一緒に赤く塗装されているので分かりづらいです)手でも外れますが、マイナスドライバを使うと楽に外れます。(注)ゴム製品ですので破損に気を付けて下さい

 

⇒ジャッキを上げる要領で、④ハンドルを上下に5~6回上下させます。(ハンドルは付けなくても大丈夫です。

 

オイルプラグを装着し作業終了です。

いざジャッキアップ↑↑↑・・・問題解決できず、まだ下がってきてしまいます。次の問題解決策を試してみます。

 

油圧オイルの補充

油圧オイルは、オイルプラグを外した口から1cm下まで入っているとのことで、オイルプラグを外すとオイル面が見えるそうです。またオイルは150ml程度入っていると電話で説明されました。(ネットでは100ml位とも書いてありましたので定かではありません)

①オイルプラグを外します。

 

②オイルプラグを外した穴です。穴から1cm下まで油圧オイルが入っているとのことでしたので、1cmを計りましたら穴の中に見える金属部分がちょうど穴から1cmの所でした。

ということは・・どうやら油圧オイルが足りないようです。

⇒とりあえず油圧ジャッキ用純正オイルを購入(¥657)しました。

 

②の穴から油圧オイルを入れるとのこです。油圧オイルを注入すると30mlほど入りました。(穴が小さく注入時に垂れることがありますので注意してください)

 

⇒油圧オイルはほぼ透明に見え油圧タンク内にどの程度入っているか分かりずらいです。照明を当て③の白く見える所が油圧オイルの油面になります。ティッシュペーパーで紙縒りを作って1cmの所に印を付けて穴に入れても1cmの確認ができました。

 

続けてエアー抜きも行ってください。

エアー抜きが終わりましたら、オイルプラグを装着します。油圧オイルの補充は終了です。

2回目のいざジャッキアップ↑↑↑・・・問題解決できず、まだまだ下がってきてしまいます。

 

修理終了

とりあえず自分でできることはやってみましたが、フロアジャッキを直すことはできませんでした。再び製造元の会社に連絡しましたら、修理が必要とのこと・・・また1年の使用でこのような症状が出ることは珍しいようで、ジャッキを送っていただければ無償で修理ができる可能性ありだそうです。送料に¥800かかりましたがとりあえず送ってみました。

後日、新品のジャッキが届き不良であったとのことです。故障かと思われたら一度メーカーに連絡してみた方がいいかもしれません。

 

修理にかかった金額

油圧ジャッキ用純正オイル・・・・・・¥657

送料・・・・・・¥800

修理しても思うような結果には至りませんでしたが、これからもフロアジャッキを使い続けるためにはいい勉強になりました。この情報がフロアジャッキが壊れている人の役に立てば幸いです。

一年以内なら保証も効くようで無償で修理してくれるようでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
めんどくさがりの私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単にできると思ったこと感じたことできた事を載せていきたいと思います。また、「簡単にできる」ためにはお金がかかることもあります、そんな中でもお金をかけずに節約できる情報なども合わせて掲載したいと思います。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。皆さんの生活が少しでも豊かに簡単なものになり、めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

Copyright© 簡単生活 , 2020 All Rights Reserved.

.offset().top; $("html, body").animate({scrollTop:position}, speed, "swing"); return false; });