簡単ヤマハ電子ピアノ(P105)をコンピューターにつなぐ方法/手順 USBケーブル使用

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単にできると思ったこと感じたことできた事を載せていきたいと思います。また、「簡単にできる」ためにはお金がかかることもあります、そんな中でもお金をかけずに節約できる情報なども合わせて掲載したいと思います。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。皆さんの生活が少しでも豊かに簡単なものになり、めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

ヤマハ電子ピアノP105

本格的なピアノサウンド、鍵盤タッチを備えたシンプル電子ピアノ。持ち運び可能なコンパクト・スタイリッシュモデル。スタイル演奏(伴奏つき演奏)やシンプルなリズムパターンを10種類搭載・ピアノ音源「RGEスタンダード音源 」を採用。

グレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤を搭載し、鍵盤の重さが低音部では重く、高音部では軽くなるように、音域によって弾きごたえを段階的に変化させ、自然なタッチ感を実現。

USBケーブルでPCと接続できるので、ダウンロードしたピアノ曲を楽器で再生したり、楽器の演奏をパソコン上に録音したりと、様々な楽しみ方が可能だそうです。本体のみで定価40000円程度だったと思います。⇒⇒⇒YAMAHA P105

PCに接続して転送できるデータは、ユーザーソング外部ソングです。ユーザーソングとは電子ピアノに録音した演奏で、外部ソングとはインターネットを使い入手するソング・演奏です。



MIDIとオーディオ

MIDIは、楽器同士を接続して「演奏情報」をやりとりするための規格です。演奏情報とは、ピアノを例にしますと、ピアニストが鍵盤を指で押さえたり、ペダルを踏んだりした「動作」が「演奏情報」であり、「どのように弾いたのか」をあらわします。このような情報を電子的に表したものが「MIDI」です。

たとえばドの音を強く弾いた場合、「60」の鍵盤を「120」の強さで弾いた、といった具合にMIDIでは演奏情報がすべて数字で表されます。ファイルとして保存されたMIDIデータは、演奏を間違えた箇所を修正したり、テンポを変えたり、移調したりなどが容易に編集できます。

オーディオデータとは音そのものをデータとして記録したもので、パソコン画面上では波形として表示されます。オーディオデータは、MIDIデータのように音源によって音が変わることがない反面、データの記録容量が大きくなります。また一旦録音すると、細部の加工や修正が容易にできないといった短所があります。MIDIデータとオーディオデータそれぞれの長所と短所を考えて、使用する機会に応じて使い分けて頂くとよいとのことです。

(参照ページ) ⇒⇒⇒MIDIデータ   ⇒⇒⇒オーディオデータ

 

 

PCにつなぐ手順

【必要物品】

  • PC(ドライバ・ソフトのダウンロードが可能な物=Win 11/10/8.1/8/7 (64-bit))
  • USBケーブル(ABタイプ3メートル未満でUSB3.0は使用できません)

 

 

【接続手順】

1.USBドライバーをダウンロードし、PCにセットアップします。(Macなら不要です)

こちらからUSBドライバをダウンロードできます⇒⇒⇒Yamaha Steinberg USB Driver 

上の写真のページが開きます。

 

ソフトをクリックしますと、PCの動作環境が表示されます。

 

お持ちのPCに適合するようでしたら、そのページの一番下に行きますと上の写真の画面になります。「はい、同意します」にチェックを入れ、ソフト名が書いてある一番下の紫のバーをクリックしますとソフトのダウンロードがはじまります。

 

ダウンロードが終わりましたら、エクスプローラーの写真赤丸部分「ダウンロード(ファイル名)」をクリックしますと、右側にダウンロードしたファイルが表示されます。そのファイルをダブルクリックします。

 

上の写真赤丸部分「setup」をダブルクリックします。

 

上の画面が表示されましら赤丸部分「はい」をクリックします。

 

上の写真が出ましたら、赤丸部分「次へ」をクリックします。

 

許諾契約書の画面が表示されましたら、内容を確認し了解できれば、赤①「同意します」にチェックを入れ、赤②「次へ」をクリックします。セットアップが始まります。

 

セットアップが終わりますと、上の画面が表示されます。写真赤丸部分「完了」をクリックしますとセットアップ終了です。



 

2.ミュージックソフトダウンローダーをPCにインストールします。

ソフト名「Musicsoft Downloader」パソコン上で楽曲データを管理するアプリケーションで、インターネットでダウンロードした楽曲データやパソコン上の楽曲データを、楽器や各種メディアに転送する為のソフトです。

 

上記のMusicsoft Downloaderをクリックしますと上の写真のページへ行きます。赤丸部分「Musicsoft Downloader V5.7.4 for Win 10/8.1/8/7」をクリックします。

 

ミュージックソフトダウンロードのページに行きますので、そのページの一番下にある写真赤丸部分の「はい、同意します」(ソフトの使用条件に同意できれば)にチェックを入れ、赤丸内にある紫の部分をクリックしますとダウンロードが始まります。

 

先ほどと同様に、エクスプローラーの「ダウンロード(ファイル名)」をクリックしますと、右側にダウンロードしたファイルが表示されます。赤丸部分のそのファイルをダブルクリックします。

 

出てきたファイルをダブルクリックしPCにソフトをインストールします。(先ほどと同様の手順でインストールを進めて下さい)

 

インストールが終わるとデスクトップに上のショートカットファイルが表示されます。無い場合はスタートアップメニューから探し出してください。

 

 

3.電子ピアノとPCを接続します。

電子ピアノの電源を切ります。PCを起動します。

 

電子ピアノの背面にある上の写真部分にUSBケーブルを差し込みます。ケーブルの反対側をPCに接続します。

電子ピアノの電源を入れます。

 

先ほどインストールした「Musicsoft Downloader」を起動します。

 

上の写真がMusicsoft Downloaderです。

 

楽器とPCが正常に接続されているか確認します。写真赤丸部分「接続チェック」をクリックしますと、青丸部分に接続されているか表示されます。

 

ウィンドウ内の「電子楽器」と書いてある所をクリックしますと、その下に「FlashMemory」と表示されます。(P105を接続した場合この表示でしたが、他の楽器ですとどのように表示されるか分かりません)

 

「FlashMemory」の部分をクリックしますと、右側に楽器内に録音されているデータが表示されます。ここまでくれば確実にPCとP105が接続出来ているということが確認できますので、作業完了となります。



PCとP105を接続後・・・・

PCへUSBドライバのインストール、Musicsoft Downloaderのインストール、PCとP105を接続と大きく分けて3つの工程で簡単に作業は終了します。スムーズに行えば、作業は15分程度で行えると思います。

P105ですと、PCに接続することで電子ピアノに録音したデータを抜き出し、PCに保存・再生ができました。また、インターネットからダウンロードしたMIDIデータを電子ピアノへ転送し電子ピアノでの再生ができるようです。(こちらはまだ試していません・・・すいません)

電子ピアノは持ってるけどまだPCに接続したことは無いという方がいらっしゃいましたら、簡単なので是非一度接続してみることをおすすめします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
私は、日常生活を簡単に送るため、日々模索しています。簡単と言っても人それぞれ、感覚が違うと思います。このサイトでは私が簡単にできると思ったこと感じたことできた事を載せていきたいと思います。また、「簡単にできる」ためにはお金がかかることもあります、そんな中でもお金をかけずに節約できる情報なども合わせて掲載したいと思います。誰でも知っている情報など多々あると思いますが、載っている情報を知らない人の参考になればいいと思います。皆さんの生活が少しでも豊かに簡単なものになり、めんどくさがりの人が簡単に生活するお手伝いが出来れば幸いです。誤字脱字が目立つかもしれませんがご容赦ください。

Copyright© 簡単生活 , 2022 All Rights Reserved.

.offset().top; $("html, body").animate({scrollTop:position}, speed, "swing"); return false; });